飲食店を閉店…余ったお酒は買取りしてもらえるって知ってますか?

飲食店を閉店…余ったお酒はどうする?

飲食店を閉店した時、食材や備品などの処分をしなくてはいけません。
いくつか方法はありますが、食材はゴミとして処分し、備品は業者に買い取ってもらうか不用品回収業へ依頼するのが一般的です。
しかし、それ以上に困るのが余ったお酒の処分です。処分に困っているお酒が大量に余っていませんか?

お酒は捨てるのが勿体無いうえ、希少価値の高い銘柄も少なくありません。
そのため、””捨てる””という選択肢は最初から無いものと考えるべきです。在庫を破棄するなら、もっと良い手段を講じる必要があります。

買取りしてもらうのがベスト!

では、お酒をどのように処分するべきだと思いますか?
もっとも良い方法は買取です。現在、お酒は買取が盛んになっており、業者が積極的に買い取っています。個人が飲まないお酒を売るのが一般的ですが、処分に困っている飲食店の利用も珍しくありません。
一度に数十本のお酒を買取してくれる業者もあります。こうした業者を利用すれば、お酒をまとめて処分できるのです。

お酒を買取してもらえば、無駄な損失を増やさずに済みます。飲食店にとって一番避けたいのが在庫の破棄ですが、お酒を全て破棄すると、数十万~数百万円の損失が生じます。
ただでさえ閉店は費用が掛かりますし、余分な出費を避けたいのが実情です。
しかし、お酒を買い取ってもらえば、処分費用が不要になるばかりか、在庫を現金化できるのです。
在庫を全額損失計上せずに済むうえ、閉店時に必要な諸々の費用を補填できます。

他にも知人や常連客へ配ったり、お酒が好きならご自身で飲んでしまう手もあるでしょう。ただ、いずれもお店にとっては損失であることに違いありません。
そもそも何十本ものお酒をご自身で飲むのは非常に時間が掛かります。処分費用をいっさい掛けず、かつ大量にまとめて処分できるのが買取の強みです。

具体的な買取りの方法

しかし、お酒は買取できると言っても、方法を知らなければ問題解決とはいきません。査定・買取の申込み方法は、業者のWEBサイトから申し込む方法と、買取店へ直接持ち込む方法の2種類があります。
どちらを選ぶかにより、買取方法が変わる点に注意しましょう。

現在、お酒の買取業者で主流になっている買取方法は3つです。

宅配買取
出張買取
持込買取(店頭買取)

宅配買取は、売りたいお酒を宅配便で業者に送る方法です。比較的ポピュラーな手段で、処分したいお酒が数本程度の場合に適しています。
2つめの出張買取は、業者が所定の場所まで買取に来てくれる方法です。
飲食店のように、大量にお酒を処分したい時に最適です。
そして持込買取は、自分でお酒を買取店へ持ち込む手段です。1~2本だけ売りたい場合は選択の余地があります。

・お酒買取業者にWEBから申し込み

お酒を買い取ってもらうには業者へ買取を申し込まないといけませんが、もっとも簡単な手段がお酒買取業者の公式サイトからの買い取り申込みです。
パソコンやスマートフォンから酒買取業者のサイトへアクセスし、所定のフォームに情報を入力するだけという手軽さがウリです。宅配・出張買取を利用したい方は、WEBから申し込むと良いでしょう。様々なメリットがある反面、1つだけデメリットもあります。

メリット

宅配買取か宅配買取を選べる
利便性が高い
いつでも申し込める
時間を有効活用できる

デメリット

売るまでに時間が掛かる

WEBから申し込むと、実際の買取までには最低数日を要します。
宅配買取はお酒を送付した後、更に業者の現物査定が必要だからです。
出張買取は申し込み当日に来てくれる場合もありますが、業者の都合次第です。
しかし、それ以外には欠点がなく、利便性に優れます。後述の持込買取と比べ、手軽さで勝っているでしょう。

・買取店に持ち込んで買い取ってもらう

もう一つの方法が、買取店にお酒を直接持ち込む方法です。
持込買取と言われており、売りたいお酒をお店へ持ち込み、その場で査定・買取してもらう流れになります。
WEBから申し込む方法には無いメリットを持つ反面、やはりデメリットも目立ちます。

メリット

その日の内に売れる

デメリット

お店へ持ち込む手間を要する
大量のお酒を売るには不向き
近くにお店がないと不便

即日現金化できるのが持込買取の強みです。その一方で、お店への持ち込みを要する点がネックとなります。
数本ならまだしも、何十本も一度に売る場合は運ぶだけで大変でしょう。近隣にお店がないと使いづらいこともデメリットと言えます。

WEBからの申し込みがおすすめ!

お酒を売る手段は様々ありますが、業者による買取が一番です。
問題は申し込み方法ですが、手軽さに優れるWEBからの申込みが良いでしょう。WEBから申し込めば、お酒を送るだけで売れる宅配買取や、大量処分に適した出張買取が利用できます。
持込買取の即日現金化も魅力的ですが、持ち込む手間を考えると、大量のお酒の処分には向いていません。そのため、空き時間を有効に使えるWEBからの買取依頼がおすすめです。

なお、このサイトはWEBからお酒を売る方法を紹介しています。
売る時の流れや注意点、ワンポイントアドバイスなどを記事にまとめています。
どのサイトが良いか分からない方などは、お酒買取業者はどこがいい?サイトを徹底比較!などの記事をご覧下さい。

管理人のプロフィール

管理人の武田優也です。
現在34歳、飲食店を経営していました。現在は飲食店経営からは退き、会社員として働いています。
飲食店を閉店する際に、お酒の処分に非常に困りました。そんなときに知ったのがお酒買取のサービスです。
僕の経験も踏まえ、このサイトではお酒買取業者の紹介や、飲食店閉店の流れなどを解説しています。
自分のお店を閉店するのは辛いですが、このサイトを見て少しでもみなさんの役に立てば良いと思っております。