見逃さないで!当てはまったら注意するべき飲食店閉店のサイン

飲食店を閉店した方がいいサインについて

飲食店は開店へこぎつけるのも一苦労ですが、本番はその後、オープンしてからです。
残念ながら飲食店は競合が非常に激しく、小さい商圏で客の奪い合いをすることも珍しくありません。
状況次第では、撤退や閉店も考えなくてはいけないでしょう。特に以下で挙げる兆候がある時は注意が必要です。

①来店客が一人もいない日がある(ノーゲス)

日によって入店客数のバラツキがあってもおかしくありません。それが一般的な飲食店ですが、ノーゲスの日が発生したり、それが続くようであれば撤退を考えるべきでしょう。
ノーゲスとは、来店客が1人も来ない状態(ノーゲスト)を言います。飲食店にとっては悪夢のような状況であり、絶対に避けなければいけない事態です。当然来店客が無いため、売上も0となります。

もしノーゲスが生じたら、売上計画も作り直しを迫られます。他の日にしわ寄せが来たり、客単価のアップなども考えなくてはいけません。
しかし、ノーゲスが生じること自体が大きな問題です。金融機関からの融資にも影響を及ぼすでしょう。今後も同様の日が続くなら、赤字が拡大する前に判断する必要があります。

②他店と比べ客の入りが悪い

飲食店の入店客数は立地やメニュー・サービスの魅力など、様々な要素を受けて変化します。
ただ、競合店と客の入りが悪い時は黄信号です。売上が徐々に減少し、撤退へと追い込まれる危険があります。上述のノーゲスが発生することも考えられるでしょう。

客の入りは運にも左右されますが、あくまでファクターの一つでしかありません。
立地やサービスなど、他の要素のほうが影響が大きいのです。定期的に競合店を調査し、自分のお店との違いを把握する必要があります。
特にサービスや評判を重点的に調査して、ライバルに劣る部分を確認してみましょう。

原因を探って改善すれば、客数減に歯止めがかかる場合もあります。
ただ、それでも厳しいようであれば、閉店を決断することも悪い選択とは言えません。

③人気料理の注文が減っている

飲食店は看板メニューが売上や客の入りを左右します。人気メニューが一つあるだけで、お店の経営が軌道に乗ることも珍しくないでしょう。
しかし、そんな定番人気のメニューの注文が減ってきた時は、閉店を判断するべきサインです。

飲食店を含むサービス業は、需要と供給の絶妙なバランスによって経営が成り立っています。
このバランスが崩れると経営が傾いてしまい、閉店へ追い込まれるケースがあるのです。
看板メニューの売上が落ちている場合、客のニーズ(需要)とお店のおすすめ料理(供給)のバランスが崩れている状態と判断できます。
こうなると、新たな料理の開発をするなど、抜本的な対策が必要になるでしょう。

当然看板メニューを求めて訪れる人も少なくありません。
ただし経営に支障が出るようならば、看板メニューへの特化や新メニューの開発、閉店など、複数の選択肢から選択を迫られます。

サインを見逃さずに!

飲食店の閉店は珍しくないですが、いざご自身がその立場に置かれると、判断に迷うのが当たり前です。ただ、悩んでいる間にも来店客が遠ざかり、売上は落ちていきます。
最終的な判断を行うのはオーナーであるご自身ですが、上記の兆候が見え始めたら真剣に考え始めましょう。

半断する時期が早いほど様々な対策を講じることができます。
逆に言えば、サインを見逃して傷が深くなると、撤退以外の選択肢が無くなります。いずれにせよ、ノーゲスや来店客数減、人気料理の注文状況には注意しておきましょう。

こうしたサインを既に感じているオーナーさんにおすすめしたいのが、MEO対策「マップでアップ」です。
あなたのお店を地図登録して探しやすくすることで、集客力アップにつなげるサービスです。
集客に悩んでいたり、新規開業したオーナーさんにおすすめのサービスです。