手軽に売れる!お酒買取業者に出張買取を依頼した場合の流れ

お酒を処分するなら買取がおすすめ

居酒屋などお酒を提供する飲食店の場合、閉店時にお酒の処分で困ってしまうことがあります。
特に大量の在庫を抱えていると、どうやって処分するかが問題になるでしょう。お酒は不用品回収業者に処分してもらう手段もありますが、おすすめの方法は買取です。
お酒は専門の買取業者もあり、一度に大量のお酒を売却できます。
銘柄次第では1本数千円~数万円で売れるため、高額買取も期待できるでしょう。

お酒買取業者に出張買取を依頼した場合の買取の流れ

お酒を業者に買取してもらう方法は様々あります。宅配や持込という手段もありますが、手間を掛けずに大量処分できる出張買取が良いでしょう。
出張買取なら業者がお店や倉庫まで買取に来てくれるため、持ち運びや梱包の手間が不要です。
買取の流れも非常にシンプルで、状況によっては当日中にお酒を買い取ってもらえます。

①まずは無料見積もり

最初にお酒買取業者を見つけ、見積もりを依頼しましょう。出張買取へ来てもらう前には、必ず申し込みが必要です。
売りたいお酒の本数や銘柄、住所などの必要事項を記入し、買取業者からの連絡を待ちます。

しかし申込みフォームから見積もりを依頼する場合、売りたいお酒が数十本あると入力が少々面倒です。
このため、お酒のリストを作っておき、業者へメールなどで送付するのもおすすめです。
業者によって様々な査定方法を用意していますので、使いやすい方法を選びましょう。

②希望日程に店舗・自宅に出張

買取業者からの連絡が来たら、次に出張買取の申し込みを行います。業者へ返信し、その際に出張買取の希望日時と場所を伝えます。
折返し連絡がありますので、日時に間違いがないかチェックし、買取当日を待ちましょう。
出張買取の当日は、お酒を保管してあるお店や自宅まで担当者が来てくれます。

③本査定

そしてお酒の本査定です。最初の見積もりでは、大まかな概算しか算出できません。そのため、お酒を買い取ってもらうには本査定を受ける必要があります。
実際に買取業者が一本ずつお酒を査定し、それぞれに対して値段を付けていきます。
本査定に立ち会い、業者の査定を眺めてみましょう。

なお、お酒の査定では主に以下の項目をチェックされます。

銘柄と製造年
ボトルの汚れ
ラベルの汚れや剥がれの有無
ボトルの破損の有無
目減りや液漏れのチェック

これらの項目を確認し、相場と照らし合わせた上で買取価格が決まります。
コンディションによっては買取価格が下がりますが、目減り・液漏れのあるお酒は値が付かない恐れがあります。
本査定を受ける前に、ご自身でチェックしてみるのも良いでしょう。

④その場で現金を支払い

買取業者の査定が終わると、その場で合計買取金額が伝えられます。
その金額になった理由も説明してもらえますので、必ず聞いておきましょう。金額に納得できた場合、業者が用意した書類にサインすれば買取成立です。
その場で現金を受け取りましょう。ただ、金額次第では口座への振込対応になる場合もあります。

逆に金額に納得できなかった時は、価格交渉してみるのもおすすめです。
しかし、業者も査定のプロですから、買取価格のアップはさほど見込めません。
金額が安いと感じた場合、キャンセルして他の業者へ査定してもらうのも良いでしょう。
時間と手間が増えますが、高値で売りたいなら検討の余地があります。

想像以上に簡単に売れる

出張買取は利便性が高い買取方法です。難しいように思えますが、実際は非常に簡単に売却できます。
見積もりを行い、希望日時を伝えれば、後は業者任せで問題ありません。
買取方法は他にもありますが、大量のお酒を処分する時は出張買取を選びましょう。