どんなお酒が高く売れる?高価買取されるお酒の特徴

高価買取されるお酒の特徴

お酒の買取価格は銘柄次第ですが、中には数十万円~100万円以上の価格で売れるものもあります。
特に高値で取引されているのは洋酒や希少価値のある銘柄です。
相場の影響は受けるものの、他の銘柄以上の価格が期待できるでしょう。

洋酒の方が買取額が高い傾向

洋酒の取引相場は全体的に高値の傾向があります。一口に洋酒と言っても様々ありますが、その多くが高額買取されているのです。
保管状態が良い美品であれば、相場以上の価値が付く可能性もあります。
もしお店で洋酒を提供していた方は、業者に査定してもらうと良いでしょう。

コレクターの需要が高いため

洋酒が高く売却できる理由はコレクション価値にあります。洋酒は希少な銘柄が多く、ボトルやラベルのデザインが特別仕様になっているものも少なくありません。
このため、限定デザインのボトルなどを目当てに購入するコレクターもいるのです。
もちろんお酒を楽しむ方もいますが、その多くはボトルやラベル、箱などの収集を目的としています。
ボトルなどは一定の価値があり、空き瓶などを買取している業者もあるほどです。

また、コレクターが世界中にいるのも高価買取される理由です。更にコレクターは収集欲が高く、大金を支払ってでも入手したい、と考える方も少なくはありません。

こうした理由から、洋酒は高値売却が期待できるのです。
コレクターのニーズがある限り、相場が暴落するようなリスクもありません。

希少価値が高かったり、終売しているものは高く売れる

限定本数の銘柄や、すでに製造が終了しているお酒も高値で売れる傾向があります。
これらに当てはまるお酒は希少価値が高く、現存する本数も限られているためです。
めったにお目にかかれないことから、プレミアが付いている銘柄も存在します。もし限定品をお持ちであれば、売却を検討してみると良いでしょう。

その反面、希少性の高いお酒は流通数が少ないため、買取相場が確立されていない場合もあります。
業者によって査定額が違うことも考えられますので、複数社から見積もりを取るのが望ましいでしょう。

付属品の紛失には要注意

ただし、付属品の紛失には注意が必要です。希少性の高いお酒は、化粧箱や替え栓、グラスなどの付属品にも価値があります。
こうした付属品が揃っていないと、価値が大幅に下がってしまうのです。
買取価格も減額されますので、紛失した場合を除き、付属品を全て揃えた状態で査定を受けましょう。

お酒の価値を知るには査定が不可欠

洋酒や限定生産のお酒など、高値が期待できるものは多数あります。ただ、実際にご自身で価値をはかるのは困難でしょう。
どのようなお酒にせよ、専門業者に査定してもらうことが必要不可欠です。見積もりを取れば、おおよその価値を判断できるでしょう。