お酒を売るのにフリマアプリやオークションをおすすめしない理由

お酒を売るのにフリマアプリやオークションはおすすめしない

誰でも気軽に物品を売買できることから、現在はフリマアプリやオークションが人気です。
利用経験がある方もいらっしゃると思いますが、お酒を売るにはおすすめできません。
手間が掛かるうえにリスクが大きいため、専門の買取業者を利用したほうが良いでしょう。

多くのお酒を売る場合ものすごい手間がかかる

飲食店を閉店した際には大量のお酒が余ります。しかし、フリマアプリなどで売却する時は、これらを全部出品しなくてはいけません。
出品の手間だけでなく、各お酒についての説明が必要になるなど、相当な労力が掛かります。
その上、各お酒の相場を調べ、適性な価格で出品する必要もあります。

また、落札された時は各落札者とのやり取りや入金確認、お酒の発送などの手間を要します。
まとめ売りすることで負担を減らせますが、何十本も売りたい場合、果たして労力に見合っているでしょうか?最初から業者に買い取ってもらうほうが遥かに楽でしょう。

いくつものお酒を売る場合には販売業免許が必要

飲食店の場合は大量にお酒がありますから、何度も継続して出品せざるを得ません。
しかし、オークションなどで幾度もお酒を販売していると、営利目的とみなされる可能性があります。
一度のみなら問題ありませんが、飲食店は酒類販売業に該当する可能性が非常に高いのです。
オークションなどを利用してお酒を処分するなら、酒類販売免許は必須となるでしょう。

なお、買取業者を利用すれば酒類販売免許は不要です。まとめて売却できますし、営利目的とみなされる心配もありません。

トラブルにも注意が必要

フリマアプリやオークションはトラブルが付き物です。落札者の一方的なキャンセルや未入金などのほか、商品の受取拒否や発送時のトラブル(住所ミス・お酒の破損など)もあります。挙げるとキリがありませんが、ご自身がトラブルに巻き込まれる可能性も否定はできません。
特にお酒を大量出品した場合、多くの落札者とやり取りを行うため、トラブルが起こる可能性は高いと言えるでしょう。

買取業者はフリマアプリなどのトラブルとは無縁です。一方的なキャンセルも無ければ、入金トラブルも限りなくゼロに近いのです。大量の落札者とやり取りする必要も無くなります。

お酒を売るなら買取が最適

フリマアプリ・オークションいずれも手軽さに優れますが、飲食店オーナーが利用するにはリスクが大きすぎます。
安全に、かつ確実にお酒を処分したいなら、業者による買取がおすすめです。
買取費用も掛かりませんので、もしお酒の処分で困ったら、業者に査定してもらうと良いでしょう。

おすすめのお酒買取業者はこちら