【お酒買取】同じお酒でも高く売りたい!1円でも高く売るコツ

お酒買取業者に同じお酒でも高く売るコツとは?

同じ銘柄であっても、お酒の状態によって買取価格は様変わりします。
例えば相場が1万円のお酒でも、状態が悪いと5千円になる可能性すらあるのです。
お酒を1円でも高く売るためには、以下のポイントを押さえておきましょう。これらを守るだけで買取上限に届く場合もあります。
引用元:お酒をより高く買取業者に売るコツ

・簡易的で良いのでクリーニングする

お酒の買取価格は見た目(コンディション)の影響を受けます。
理由は単純で、ホコリを被ったり、汚れが目立つお酒を誰も買いたがらないからです。
お酒の買取業者もこの点を考慮しており、査定時に汚れ具合をチェックしています。

もし高値で売りたいなら、簡単にボトルの掃除をしておくと良いでしょう。
布でホコリを取り除き、手垢などの汚れも拭き取っておくことをおすすめします。たったこれだけでも買取価格がアップしますので、買取業者を比較したり査定する前に行っておきましょう。
ただし、除去が難しい汚れもあるため、可能な限りで構いません。
特にラベルの掃除は最小限に留め、破かないように気を付けてください。

・付属品を揃えること

付属品の有無で買取価格が大幅に変動するお酒も少なくありません。このため、化粧箱やグラスなどの付属品は、全部揃えた状態で査定を受けましょう。
業者が公開している買取上限の多くは、こうした付属品が全部揃った状態が前提です。
逆に何らかの付属品が欠けていると、買取価格が相場を下回る恐れもあります。

特に希少性の高い銘柄は注意が必要です。付属品の収集を目的にしているコレクターも多く、箱などの有無で価値が大きく変わります。
飲食店を閉店する時など余ったお酒を売る際は付属品が揃っていない事も多いかもしれません。
たとえ付属品を紛失しても、さすがに値が付かない事態は避けられると思いますが、マイナス査定は避けられないでしょう。

・少しでも早く売る

お酒は時間とともに品質が変化していきます。賞味期限が設定されたお酒はもちろんですが、それ以外も早めに売ることを心がけましょう。
例えばワインの場合、各銘柄に飲み頃が設定されています。これを過ぎると味が衰え、美味しさが消えてしまうため、当然業者の買取価格も下がってしまいます。

風味が変化するお酒は多く、保管状態が少し悪いだけでも品質が劣化するおそれがあります。
お酒の風味が落ちる前に査定を受け、1日でも早く買い取ってもらいましょう。